WEWOOD

WEWOODのお手入れ方法とは?|木製腕時計のメンテナンス

木製腕時計は,大人のワンシーンに高級感を演出する素晴らしいアイテムの一つです。

時間の経過と共に個性を発揮し世界に一つだけの「自分だけの時計」になっていくので,しっかりとお手入れをして長く愛用したいものです。

 

今回はWEWOOD(ウィーウッド)の木製腕時計のお手入れ方法をご紹介していきます。

木製腕時計と一言でいっても,素材や製造方法によってお手入れは変わる場合があります。

WEWOODのお手入れ方法を参考に,「自分だけの時計」に磨きをかけて行って下さい!

 

 

WEWOODの木製腕時計のお手入れ方法

まずは木製腕時計の弱点を知る

金属製の腕時計とは異なり,やはり木製の腕時計は耐久性に劣ります。

傷が付きやすく,急激な温度変化や紫外線の影響でひびが入ってしまう可能性もあります。

さらに,容易に想像がつくとは思いますが汗などの水分に弱いです。

ではそれぞれを踏まえてどのようにお手入れ(メンテナンス)できるでしょうか?

 

 

傷が付きやすい

この点に関しては,まずはしっかりと汚れを落とすことです。

普段使用しているだけでも意外と汚れ,小さなごみが時計を傷つける場合もあります。

それでウエスなどの柔らかい布でやさしく拭いてあげてください。

また,目立つ汚れにはウエスで乾拭きする前に水拭きするのも良いです…が,注意点があります。

水拭きしていいのは,購入後間もないもの・きちんと蜜蝋などでコーティングのお手入れをしている場合です!

そうでないと,木材そのものに水分がしみ込んでしまい傷みの原因になります。
(蜜蝋のコーティング方法などについては,別途ご紹介します!)

 

 

急激な温度変化や紫外線に弱い

これは保管方法で対応しましょう。

冷暖房器具の近くや,直射日光を浴びる場所,湿気の多い場所は避けましょう。

腕時計収納ケースと乾燥剤を併用するのもお勧めです!

腕時計収納ケースは時計が見えるようになっているものが多いですが,直射日光を防ぐためにも,窓がないタイプにした方が良いでしょう。

 

 

汗などの水分に弱い

上記2つでご紹介した方法に加え

1.特に雨の日や水回り作業の時には使用を控える。

2.梅雨・猛暑の時期は使用する回数を減らす。

ことができます。

お手入れ(メンテナンス)としては,蜜蝋や木製ワックスなどでコーティングすると汚れ防止やいくらかの耐水性を期待できます。

磨いた後の光沢感も気分が高まります。

具体的なコーティングの方法については次の記事でご紹介いたします!

 

 

ズボラな方のためのお手入れ方法

「毎日連続して使用することを控える」です。

・・・ふざけていません。本当です。

 

高価な革靴のメンテナンスと同じと思ってください。

革靴も一足だけでなく,何足か持っていて履きまわすことでソール(靴底)を長持ちさせて長く履くことができます。

同じように木製腕時計も,他の時計とローテーションで使用することで長く愛用することができます。

それでこちらのサイトでは,木製腕時計を最低でも2本(+金属性の腕時計)持つことをお勧めしています。

木材の素材を変えるだけでも,変化していく過程は面白いほどに変わります!

様々なブランドの木製腕時計をご紹介していますので,「まだ一本しか持っていない…」という方はぜひ検討してみてください。