木製腕時計特集

木製腕時計おすすめの選び方|買う時に考えておきたい3つのポイント

木製の腕時計ってちょっとお洒落で興味あるって方もいると思います。
でも,実際どんなものがいいのか?実用的なのか?よく分かないですよね。

あまり馴染みがないと思いますが,海外では質の良い木製腕時計を提供しているブランドが沢山あって,多くのオシャレな人たちも愛用している今注目の商品です。

沢山あるブランドの中から,筆者が人気ブランドや購入に役立つポイントをご紹介します。

メーカー紹介から商品紹介,おすすめ木製腕時計や木製腕時計のメリット・デメリットまで購入に際して検討すべきすべてを紹介しますのでぜひ参考になさって下さい!

木製腕時計の疑問

木製腕時計ってなに?

木製腕時計とは,言葉の通り木材を使用して作られた時計のことです。

でも,部分的に木材が使用されている時計も木製腕時計というので,一言で木製腕時計といっても,ものによってはだいぶイメージが変わってきます。

 

例えば下記のような「ザ・木製腕時計」もあれば・・・


出典:thewoodstone.com

時計の文字盤だけが木製のものも・・・


出典:thewoodstone.com

いかがでしょうか?
全体的に木材で作られているか,文字盤だけかでだいぶ印象が変わりますよね?

ザ・木製腕時計にはメンテナンスや見た目的に抵抗がある方でも文字盤だけであればオシャレでいいなと思っていただけるかもしれません。

筆者もプレゼント用や初めて木製腕時計を試す方,メンテナンスに自信がない方には文字盤だけ木製の物をまずはおすすめしています!

木製腕時計はいつ着ける?

木製腕時計は基本的にカジュアルな場面で着用します。

フォーマルな場にはあまりお勧めしません。

職業柄によってはビジネスシーンで着用できる物もあるかもしれませんが,基本的にカジュアルな場でのオシャレアイテムの一つとしてとらえた方が良いでしょう。

ベルトも木製の腕時計の場合は夏場の使用にも気を付ける必要があります。

しっかりお手入れをしないと,汗や紫外線によって故障の原因になってしまいます。

この点,文字盤だけの木製腕時計は入門編にはうってつけですよ。

お手入れは大変?

靴磨きと同じようなものだと思って下さい。

毎日使用した後に簡単なお手入れをすること。
適切なところに保管すること。
時々しっかりとワックスなどで磨いてあげること。

こんな点を意識するだけで十分長持ちします!

お手入れについて,詳しくは下記の記事で紹介していますのでご覧ください。

木製腕時計のメリットとデメリット

これには個人的な考えもあるので,参考までにして頂ければと思いますが・・・

メリットとして挙げられるのは,

「人と被らないオシャレができる」ことです。

金属製の時計はどれも同じ作りですが,木製腕時計は材木それぞれの特徴的な木目によって同じ種類の木でも時間経過と共に味が出てきます。

 

また,木製といっても色々な木の種類があります。

それぞれに特徴があるので,
形や色だけでない天然素材ならではの雰囲気を楽しめるのもメリットですね。

使用する木材で時計を選ぶのも楽しいですよ。
この記事の後半で詳しくご紹介します。

 

木製の特徴(天然素材・軽い)自体もメリットです。

金属アレルギーの方でも着けることができますし,軽いので腕に重い時計を着けるのに抵抗がある方でも着用できます。

 

デメリットを挙げるとしたら,金属製の腕時計よりデリケートだという事かもしれません。

特に文字盤だけでなくベルト部分を含めて全体的に木製の腕時計の場合はそうですね。

でも,文字盤だけ木製の腕時計であればそんなことも気にしません。

もちろん,木製腕時計に慣れてきたらより木材という天然素材を楽しめる「ザ・木製腕時計」(ベルトまで木製)を購入して,自分だけの味のある時計を楽しんでほしいです。

ベルトを詰めるのが難しいと仰る方もおられますが,慣れてしまえば他の腕時計と変わりません。

どんな人におすすめ?

木製腕時計はどんな人にもおすすめできますが,特に20~40代の男女にはぜひ見に着けて頂きたいアイテムの一つです。

ダークカラーの木を使用した時計であれば大人な男性にぴったりですし,
ホワイトな細身の時計であれば大人の女性の中にあふれる可愛らしさを演出することもできます。

 

さらに20代で購入した木製腕時計はフレッシュさをアピールし,
時間の経過とともにオリジナリティが増して味のある時計へと変化していくので

使い込めば使い込むほど高級感あふれる時計になり30代~は大人を演出するアイテムにもなるでしょう。

まさに見た目にも「時を共に刻む」相棒になるのは間違いなしです。

木製腕時計のおすすめの選び方

ポイント 1|ブランドから選ぶ

まだまだメジャーとは言えない木製腕時計とはいえ、多くのメーカーから沢山のデザインが販売されています。

その中から一つずつ調べて選んでいたら混乱してしまうので、まずはブランドを決めてしまってその中から選んでいくのがおすすめです。

木製腕時計のブランド毎の特徴とアピールポイントをご紹介します!

 

 

TENSE

出典:amazon.co.jp

「TENSE」は、カナダの木製腕時計メーカー。

1971年創業の老舗ブランドで,使用している銘木の数やシリーズモデルも非常に豊富なのが特徴。さらにカスタムメイドの機械式モデルもあります。

参考モデルはヴィンテージ感あふれる一本となっていて,他にもノスタルジックな「上質な時計」が沢山あります。

沢山のモデルの中からこだわりの一本を見つけたい!という方におすすめです。

参考モデル トノーIII モデル No.117-N
木材 ダークサンダルウッド
参考価格 34,100円(税込)
仕様 日本製クォーツムーブメント、日常生活防水

詳細ページ公式販売サイト

WEWOOD

出典:we-wood.jp

「WEWOOD」は、イタリア・フレンツェで2010年に誕生したウォッチブランド。

ラウンドフェイス(時計の盤面が丸い)のモデルがメインで価格帯は1万円~。
大体のモデルが1.5万前後になっています。

スリムケースコレクションは、厚さ7mmや重さ30gとスタイリッシュなモデルなので、手元のわずらわしさが軽減されます。

薄い・軽いを求める方に「スリムケースコレクション」おすすめです。

参考モデル ALBACORE GUN BLACK OAK
木材 天然木
参考価格 16,500円(税込)
仕様 日常生活用防水(5気圧)

詳細ページ通販サイト

KERBHOLZ

出典:kerbholz-jp.com

「KERBHOLZ/カーブホルツ」は、ドイツで2012年に誕生したブランド。

落ち着きのあるドイツデザインの美しさと不要な物をそぎ落としたシンプルさが魅力です。

他のメーカーのようにベース(ケースやバンド)に木材を使用したモデルと共に、天然素材をパーツ毎に使用するモデルを作っているのはカーブホルツの最大の特徴でしょう。

そうしたモデルは”The木製”という感じがしないので、シンプルさを求めている方や少しの素材感をお洒落に取り入れたい方におすすめです。

参考モデル FRITZ MFRI4233
木材 文字盤のみ使用
参考価格 20,900円(税込)
仕様 日常生活用防水:3BAR

詳細ページ公式サイト

BEWELL

「BEWELL」は中国の腕時計メーカーが手がけるブランドの一つです。

特徴はなんといっても価格の安さ。
3千円台~手に入るモデルもあり、売れ筋モデルでも8千円台です。

まずは、木製腕時計がどんなものか試してみたいという方にはおすすめです。

参考モデル BEWELL ZS-109A
木材 天然木
参考価格 4,200円(税込)
仕様 日常生活用防水

詳細ページ海外公式ページ

WOODSTONE/ウッドストーン

「WOODSTONE」はアメリカのブランドです。

通常の木製腕時計に加えて、ステンレススチールと融合したモデルがおしゃれです。

ステンレスの頑丈な作りと、天然木材の味わいのある質感が融合したユニークなモデルとなっています。

木製腕時計でも、頑丈な作りを好む方(特に男性)におすすめのブランドです。

参考モデル CRAFTMASTER|グリーンサンダルウッド
木材 サンダルウッド
参考価格 20,466円(税込)
仕様 傷防止ガラス,日付機能付き

詳細ページ公式販売サイト

 

ポイント 2|タイプから選ぶ

特にブランドにはこだわりがないという方や見た目重視という方は
自分のお気に入りのフォルムから選ぶのもおすすめです。

長く身に着けるものなので,せっかくなら気に入ったフォルムのものを購入しましょう!

代表的なタイプを幾つかご紹介します。

 

天然木材をベースに作られたタイプ


出典:thewoodstone.com

記事の冒頭でも紹介しましたが,こちらはケース(文字盤のところ)もベルトも木材で作られたタイプの木製腕時計の事。
天然木材の素材感を楽しみたい方、ヴィンテージ感を求める方にはおすすめです。

この商品を見てみる

文字盤に天然木材を使用しているタイプ


出典:thewoodstone.com

こちらは文字盤が天然木を使用し,ベルトは革製品となっています。
丈夫な使い心地と天然素材の良さを融合したおすすめのスタイルです。

この商品を見てみる

金属と木材を融合させたタイプ

こちらは珍しいタイプで,ステンレスの強さと木材の味のあるデザインが融合した一本となっています。
これなら木製腕時計ならではのデリケートさをカバーしてタフに使いつつ木製腕時計のデザインを楽しめるのでおすすめです。

この商品を見てみる

 

ポイント 3|使用する材木から選ぶ

使用する木材一つでフォルムが同じでも時計の雰囲気は大きく変わります。

今回は分かりやすく,木製腕時計の有名ブランド「woodstone(ウッドストーン)」でご紹介します。

ぜひお気に入りの天然木を見つけて下さい!

メープルウッド

メープル材は全体的に白っぽく光沢があり,木の真珠と言われるそうです。
きめが細かく,つるつるしているので触り心地がとても良いのが特徴です。

時間がたつとメープル材に含まれるカテキンが酸化し茶色く変化していく特徴もあります。
長時間紫外線にさらされることによっても変色し味のある時計になります。

ローズウッド

 

ローズウッド材は,赤・赤紫のような濃い色をしているのが特徴です。
これらの色がきれいな縞模様になっています。
この高級感から,楽器や高級家具,床などにもよく使われていて時計としても高級感が溢れる素材となります。
また,ローズウッドからでるエッセンシャルオイルは健康上多くの利点があるとも言われています。

ブラックサンダルウッド

サンダルウッドの一種で黒壇といいます。
インドなどを産地とする高級木材で,とても硬いのが特徴です。
濃い黒が好きな方におすすめで,使っていくとツヤも出てくるのでより高級感が増していきます。

グリーンサンダルウッド

こちらの緑色のサンダルウッドは自然に生えているサンダルウッドの中でも珍しい品種です。
若い木(加工したばかりなど)はあまり緑を感じませんが,使用するにつれて緑色に変色してくるとても面白い素材です。

ウォルナット

ウォルナットはクルミの木のことです。茶褐色や黒に近い茶色のきれいな木目が特徴です。
加工のしやすさから家具などにもよく使われる木材で,時間と共にツヤが出てきますのでアンティークな雰囲気を楽しめます。

上記を踏まえてぜひお気に入りの木材を探してみてください。
何本か試してみたり,夫婦やカップルなどでペアウォッチだけど素材を変えてみるなどすると木製腕時計ならではの色の変化やツヤを楽しむことができます。

素材別木製腕時計の詳細はこちら

 

 

この記事では,あまり馴染みのない木製腕時計のおすすめの選び方をご紹介しました!

木製腕時計に興味はあるけどどれを買ったらいいかわからない…という方の参考になれば幸いです。

ぜひお気に入りの時計を見つけて,オシャレな木製腕時計ファッションを楽しんでください!